掛川本陣通りとは

本陣は、江戸時代に大名が江戸との間を往復する際、宿泊所として
使われた格式高い屋敷。掛川宿の本陣跡地は駐車場として
使われていたが、掛川市と連携して2013年08月25日に
屋台村「掛川本陣通り」がオープン!
現在は16店舗が運営、最終的に20店舗まで増える予定!
店舗は韓国料理、海鮮ろばた、ラーメン、スパイス料理など
様々なジャンルがある。

沿革

掛川宿の本陣跡地は、第3セクター「かけがわ街づくり」の駐車場として使われていたが、
その駐車場がある商店街「掛川連雀商店街」はシャッター商店街になりつつあった。
そんな衰退の続く中心市街地に再び活気を取り戻そう、中心市街地活性化を図ろうという
「掛川本陣プロジェクト」が発足。地元若手会社経営者4名が立ち上がり、
ベースに北海道帯広市等で成功を収めている
通商「屋台村」をモデルに20軒からなる小型店舗を建設。店には企業者支援を目的に意欲のある
経営者に助言等もしていく。そして資金が貯まったら周辺の空き店舗で
開業を促す構想を描いている。

掛川 本陣通り 沿革

制作風景

アクセス

住所
〒436-0093 静岡県掛川市連雀1-8
電話番号
0537-21-4177
営業時間
11:00〜14:00 / 17:00〜23:00
定休日
年中無休